更新情報
 1/12(金)~1/16(火)、バドミントン東部支部大会が開催されました。吉川美南高校全日制の2年次、1年次とも個人戦にエントリーをしました。1年次にとっては初めての大会となり、緊張で練習通りにできなかったと話していましたが、無事勝利することができ、全員がよく頑張っていたと思います。冬休み中、多くの方と合同練習をさせていただいたことが結果につながりました。また、良い報告ができるよう取り組んでいきます。 また、1/28(日)と2/4(日)、埼玉県定時制通信制高等学校バドミントン新人大会も行われました。インフルエンザ等が流行する中、練習することが大変でしたが、定時制Ⅰ部から2名が出場しました。本当に二人ともよく取り組んでいる生徒なので、引退の最後まで全力で頑張ってほしいと思います。 高校入試も近づいてきました。中学生の皆さんもラストスパート、全力で頑張ってください。
  こんにちは。吉南女バレ顧問です。1月13日に行われた新人大会東部支部予選会の結果を報告します。 吉川美南高校は第2試合で、白岡高校さんと対戦しました。白岡高校さんも前回の松伏高校さんと同じように県大会常連校でしたので、1・2年生は抽選会で決まった時点で「白岡でした~~。」と心配そうにしていました。ただ、新人大会ではどのチームも1・2年生が主体となっているためチャンスがあるんだという意識を持って日々の練習に取り組みました。大会当日も朝の早い時間に集合して、外でアップを済ませ、9時からのコート内練習に入りました。そこまでの動きも非常にスムーズで、どの高校にも負けないという気持ちが見えていました。「この子たちも大会で自分たちのベストを出したいと思っているんだな」と私にも副顧問の先生にもよく伝わっていました。 結果は4-25、21-25で敗戦でした。常に課題のスタートは相手のサーブで崩され、1本目が上がってもつながらず、相手コートに返せずというプレーが繰り返されてしまいました。声も出ていませんでした。ただ、全く動けてなかったわけではなかったので、2セット目に入る前にそこをみんなで確...
  こんにちは。吉南女バレ顧問です。だいぶ期間が開いてしまっての更新となり、すみません。まずは、10月28日(土)に行われた選手権大会の結果報告をします。 吉川美南高校は第一試合で、松伏高校さんと対戦しました。松伏高校さんは県大会常連校でしたが、少しでもいい勝負をしたい!という強い気持ちを持って当日を迎えました。3年生はこれが最後の大会だったので、いつも以上に強気で、かつ楽しみたいという気持ちも伝わってきていました。対戦の結果は7-25、10-25で完敗でした。終わった後の挨拶では、部長の吉澤がスッキリとした表情で「楽しく気持ちよくプレーができた」と言っていたのが印象的です。副部長の渡邉もやり切った、あとは任せたという表情だったのを覚えています。1、2年生は部活に来たり来なかったりすることがまだあります。この後、自分たちが部活の主体となることを自覚していくんだという強い誓いをもってこの日は解散しました。 後日ミーティングを開きました。ここで新チームの目標が決まりした。三つの目標を軸に、自分の役割ややるべきことを理解して今後の活動に取り組んでもらいたいと思います。   &nbsp...
卒業年次生が抜けて新たな体制となり、初めての大会が行われました。限られた練習時間の中でまずは「一勝」を目指して頑張る中で、初めて出場した全生徒が一勝するということができました。 人数の少ない定時制の大会では、いきなり強豪との対戦を迎えることが当たり前のようにあります。今大会も全員がそのような状況にある中で、気持ちを強く持ち、周囲が驚くほどの善戦を見せてくれました。惜しくも負けてしまいましたが、勝ちが手の届くところに見えたように思います。 部員たちは自身の課題を発見することもでき、悔しい気持ちが大きなモチベーションへとつながっていました。 本大会が今年度最後の対外試合です。一年間応援いただき、ありがとうございました。
1月28日(日)上尾運動公園体育館にて定時制通信制高校新人大会が開催され、本校から1名の女子生徒が参加しました。参加者はわずか8名でしたが、その中で2位入賞を果たすことができました! 上級生が抜けたことで部員が1名となってしまいましたが、顧問2人と一緒にコツコツと練習した成果を試合で発揮することができたように見えました。来年度の大会では1位を取ることができるようこれからも練習していきますので、引き続き応援をよろしくお願いいたします。