更新情報
4月9日に対面式が行われました。昨日入学式を終えた新入生と2~4年次の在校生が、ここではじめて対面しました。緊張した面持ちの新入生に対して、部活動や校歌の紹介をしていた在校生が頼もしく見えました。特に、対面式を成功させるために前日から一生懸命準備をしていた生徒会役員の姿は本当に格好良かったです。 新入生の皆さん、これから吉川美南高校Ⅱ部定時制の課程の一員として一緒に頑張りましょう!また、生徒会長の言葉にもありましたが、「よき先輩となる」という2~4年次生の皆さんの活躍にも、期待しています!  
4月8日に令和6年度 Ⅱ部定時制の課程入学式が行われ、新たに37名の1年次生が加わりました。式前のわずか20分弱の練習でしたが、新入生は立派に式を作り上げてくれました これから始まるかけがえのない貴重な3年間または4年間、授業はもちろんのこと、様々な行事や生徒会活動・部活動などたくさんの経験を通して、たくましく成長してほしいものです。ともに元気よく充実した毎日を過ごしていきましょう。    
4/16 新入部員の締め切り日でした。 本年度は21名の1年生が入部し、計43名での活動となります。 4月から7月まではパート練習がメインとなります。 1年生は、先輩たちから技術を盗んでください。自主練を必ずしてください。 上級生は、後輩に技術で負けぬよう、日々練習に励んでください。  
新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。 4/10から新入生募集が開始となります。 視聴覚室でお待ちしております!!
男子バレーボール部
  3月27日水曜日に、草加高校のBチームと練習試合を行いました。   試合結果 ①17対25 ②10対25 ③18対25 ④20対25 ⑤17対25 ⑥25対27 ⑦18対25   味方の動きをサポートする声かけを増やすことや、サーブミスを減らすことができるともっと良くなると感じました。今年度最後の練習試合となりますが、4月20日土曜日の春季大会に向けて頑張ります。  
女子ソフトテニス部
 新入生の皆さん、吉川美南高校への入学おめでとうございます。  女子ソフトテニス部では、経験者・初心者問わずやる気のある皆さんの入部をお待ちしています。春休み中にぜひ見学してみたい、練習してみたいという生徒がいましたら吉川美南高校まで連絡をお願いします。  ぜひ一緒に頑張りましょう。 女子ソフトテニス部顧問 塩野谷・小林
 生徒指導部担当の第5回あり方生き方教育は、埼玉県教育局市町村支援部人権教育課の方を招き、人権感覚育成プログラムを行いました。  「人権とは、国や県の人権の動向、人権感覚を磨くとは」などの講義をしていただいた後に、グループワークでの人権感覚育成プログラムを体験しました。  各班4~5人に分かれ、非攻撃的自己主張(アサーティブネス)のスキルを使用し会話をするという内容でした。相手に話を最後まで聞くこと、話の内容に反論する、人格と内容を切り分けるなどのポイントを意識して行いました。生徒たちは非攻撃的自己主張を難しく感じており、今後も意識して自他ともに尊重していってほしいです。
ライセンスアカデミーの方を招き、品質・コスト・納期(QCD)ピラミッドワークを行いました。  製造業の工場の従業員になりきり、依頼業務・依頼商品の製造を体験しました。他年次との交流もかねて、同じ年次だけではなく他年次との合同班で取り組みました。  依頼された商品を作るため、「どのようにしたら時間内に製造し終わることができるのか」を生徒同士で話し合いました。役割分担やコストを考え、なるべく利益が出るようにしている班もあれば、品質重視で作業している班や時間内に納期ができなさそうな班は依頼先に話に行ったりするなど、各班の特徴がみられました。  学校では、提出物を丁寧に取り組むことや期限を守ることなど厳しく指導されます。今回、製造業の疑似体験を通して、学んだことを活かすためにも、改めて学校生活を見直し、来年度に備えてほしいと思います。
埼玉県草加保健所管内 薬物乱用防止指導員の北條様に来校していただき、薬物乱用防止教室をおこないました。禁止薬物だけでなく、医薬品の服用方法や特徴、副作用に関すること、アルコールやたばこに関するお話をしていただきました。 医薬品を多量に摂取するオーバードーズやSNSを通じての禁止薬物等のやりとりなど、生徒に身近な題材を中心に講義をしていただき、医薬品や禁止薬物の怖さ、アルコールやたばこの害・依存性についても改めて知る機会になりました。  
 今年度、最後となるスポーツ大会を行いました。  年次対抗のドッジボールは、1年次を2チーム、2年次を2チーム、3年次を1チームに分け、先生方にもご協力いただき、生徒と教員が同じチームで戦う総当たりのリーグ戦を行いました。  最初は少し静かな雰囲気で始まりましたが、試合ごとに盛り上がりました。敵同士でも同じ年次を応援する姿や他年次チームでも良いプレーなどには称賛の声があるなど、楽しそうにしている姿もありました。  リーグ戦の結果は、2年次Bチームの優勝、1年次Bチームの準優勝になりました。最後にはエキシビジョンマッチとして、生徒選抜チームVS教員チームが戦い、生徒と教員の真剣勝負に会場も盛り上がりました。                    
3/11(火)にNPO法人進路教育研究所の方を招き、外部講師講演会を行いました。 コミュニケーション力の大切さ、就職対策の2つのテーマについてお話をしていただきました。コミュニケーション力の大切さでは、言語・非言語についてや社会で必要なコミュニケーション力についてなどのお話をしていただきました。 就職対策では、高校生と社会人の違いやなぜ働くのか、職業・企業の選択の仕方などのお話をしていただきました。 生徒たちは、講師の方の体験談を真剣に聞き、質問するなどしており、進路活動に対し前向きな姿が見られました。来年度、進路活動が本格化する年次において、とても貴重な機会となりました。
3月8日(金)に卒業式を行いました。 今年度は3年次12名、4年次5名の計17名が卒業していきました。卒業生は自信に満ちた姿勢で式に臨みました。最後のホームルームで卒業証書を改めて受け取り、年次の教員と最後のひとときを過ごしました。卒業生はこれから就職先の会社や専門学校などで新しい挑戦が始まります。これからも応援をよろしくお願いします。    
 1/12(金)~1/16(火)、バドミントン東部支部大会が開催されました。吉川美南高校全日制の2年次、1年次とも個人戦にエントリーをしました。1年次にとっては初めての大会となり、緊張で練習通りにできなかったと話していましたが、無事勝利することができ、全員がよく頑張っていたと思います。冬休み中、多くの方と合同練習をさせていただいたことが結果につながりました。また、良い報告ができるよう取り組んでいきます。 また、1/28(日)と2/4(日)、埼玉県定時制通信制高等学校バドミントン新人大会も行われました。インフルエンザ等が流行する中、練習することが大変でしたが、定時制Ⅰ部から2名が出場しました。本当に二人ともよく取り組んでいる生徒なので、引退の最後まで全力で頑張ってほしいと思います。 高校入試も近づいてきました。中学生の皆さんもラストスパート、全力で頑張ってください。
  こんにちは。吉南女バレ顧問です。1月13日に行われた新人大会東部支部予選会の結果を報告します。 吉川美南高校は第2試合で、白岡高校さんと対戦しました。白岡高校さんも前回の松伏高校さんと同じように県大会常連校でしたので、1・2年生は抽選会で決まった時点で「白岡でした~~。」と心配そうにしていました。ただ、新人大会ではどのチームも1・2年生が主体となっているためチャンスがあるんだという意識を持って日々の練習に取り組みました。大会当日も朝の早い時間に集合して、外でアップを済ませ、9時からのコート内練習に入りました。そこまでの動きも非常にスムーズで、どの高校にも負けないという気持ちが見えていました。「この子たちも大会で自分たちのベストを出したいと思っているんだな」と私にも副顧問の先生にもよく伝わっていました。 結果は4-25、21-25で敗戦でした。常に課題のスタートは相手のサーブで崩され、1本目が上がってもつながらず、相手コートに返せずというプレーが繰り返されてしまいました。声も出ていませんでした。ただ、全く動けてなかったわけではなかったので、2セット目に入る前にそこをみんなで確...
  こんにちは。吉南女バレ顧問です。だいぶ期間が開いてしまっての更新となり、すみません。まずは、10月28日(土)に行われた選手権大会の結果報告をします。 吉川美南高校は第一試合で、松伏高校さんと対戦しました。松伏高校さんは県大会常連校でしたが、少しでもいい勝負をしたい!という強い気持ちを持って当日を迎えました。3年生はこれが最後の大会だったので、いつも以上に強気で、かつ楽しみたいという気持ちも伝わってきていました。対戦の結果は7-25、10-25で完敗でした。終わった後の挨拶では、部長の吉澤がスッキリとした表情で「楽しく気持ちよくプレーができた」と言っていたのが印象的です。副部長の渡邉もやり切った、あとは任せたという表情だったのを覚えています。1、2年生は部活に来たり来なかったりすることがまだあります。この後、自分たちが部活の主体となることを自覚していくんだという強い誓いをもってこの日は解散しました。 後日ミーティングを開きました。ここで新チームの目標が決まりした。三つの目標を軸に、自分の役割ややるべきことを理解して今後の活動に取り組んでもらいたいと思います。   &nbsp...
卒業年次生が抜けて新たな体制となり、初めての大会が行われました。限られた練習時間の中でまずは「一勝」を目指して頑張る中で、初めて出場した全生徒が一勝するということができました。 人数の少ない定時制の大会では、いきなり強豪との対戦を迎えることが当たり前のようにあります。今大会も全員がそのような状況にある中で、気持ちを強く持ち、周囲が驚くほどの善戦を見せてくれました。惜しくも負けてしまいましたが、勝ちが手の届くところに見えたように思います。 部員たちは自身の課題を発見することもでき、悔しい気持ちが大きなモチベーションへとつながっていました。 本大会が今年度最後の対外試合です。一年間応援いただき、ありがとうございました。
1月28日(日)上尾運動公園体育館にて定時制通信制高校新人大会が開催され、本校から1名の女子生徒が参加しました。参加者はわずか8名でしたが、その中で2位入賞を果たすことができました! 上級生が抜けたことで部員が1名となってしまいましたが、顧問2人と一緒にコツコツと練習した成果を試合で発揮することができたように見えました。来年度の大会では1位を取ることができるようこれからも練習していきますので、引き続き応援をよろしくお願いいたします。  
 2月1日(木)5・6限に様々な分野の専門学校の先生方をお呼びして、分野別説明会を実施しました。進路についてまだ遠い未来と思っている生徒が多い中で、今回のお話はとても良い緊張感を与えたようです。  お忙しい中、ご参加頂いた先生方、本当にありがとうございました。
1/27(土)に埼玉県高等学校空手道選抜大会が行われました。大会結果は以下の通りです。 選抜の部男子個人組手 ベスト161年生の部女子個人組手 2回戦敗退 今年度の大会はこれで終了となりますが、来年度4月の関東予選に向けてこれからも鍛錬していきます。
令和5年度 定時制・通信制の部バスケットボール新人大会が行われ、本校はⅡ部定時制として単独出場し、1月14日(日)に川口工業高校で試合を行いました。1回戦は、相手校の辞退で不戦勝となりました。したがって、本校の最初の試合は、2回戦の松栄学園戦でした。  1回戦から勝ち上がってきた松栄学園はさすがに強く、14-71で敗退してしまいました。しかし、強豪校相手に14点も取れたというのは、選手たちの成長の跡がうかがえる試合でもありました。 日々の練習の中で、選手たちは少しずつ上達できていたと思います。ただ、部員数の関係でなかなか実戦形式の練習ができなく、そのため公式戦では戸惑いもあったと思います。厳しい練習環境の中、顧問・選手ともどもこれからも精進してまいります。今後とも応援よろしくお願いいたします。