進路指導部掲示板

1. 埼玉県立吉川美南高等学校進路だより

投稿日時: 04/25 職員朝会

 

 進路実現のために、まず学校生活が大切になります。特に、「①学習習慣を身につけ、学力を高める」「②遅刻・早退・欠席をしない」「③コミュニケーション能力を高める」「④委員会・係・部活動を3年間継続して取り組む」「⑤資格取得に励む」等は大切なポイントになります。高校生活の中で様々なことに挑戦しましょう。

 

 3年次(進路行事)

〇実力診断テスト

 「生徒一人ひとりが納得できる進路選択」をサポートするためのものです。学力だけでなく多面的な指標で進路検討をすることができます。進路先で活躍するために今からどこを伸ばせばよいか、自分の強みや大切にしている考えを整理するのに役立ちます。

 

〇進路希望調査

 進路活動をスタートするにあたり一人ひとりの進路希望を確認します。

 

〇専門学校・企業合同説明会

 分野別に専門学校や企業の担当者から直接話を聴くことで、進路活動や卒業後の様子をより具体的にイメージして深めるものです。最終的な進路決定の一助とするとともに、本格的に始まる進路活動に向けて意識を高める目的があります。

 

〇進路別ガイダンス

 進学(大学・短大・専門)、就職ごとに一年間の進路活動の流れやポイントを確認します。各進路によって活動の開始時期が異なるため、出遅れることがないようにしましょう。

 

〇進路調べ

 それぞれが希望する進路の詳細に関する資料を調べることを通じて、進路意識の向上と進路実現に向けた具体的な取り組みを明確にするためのものです。

 

〇面接対策講習会

 入退室の動作やお辞儀の仕方、受け答えのポイントなど面接の基本指導や模擬面接を行っていきます。進路先をよく調べて自己分析をし、しっかりと準備をしておく必要があります。

 

〇各種模擬模試

 大学進学向け模試、看護医療模試、公務員模試など様々な模試を実施します。進路実現に向けて現在の自身の立ち位置の確認、苦手分野の克服、得意分野の強化に役立ちます。

 

 2年次(進路行事)

〇進路希望調査

 2年次では「進路先を知ること」を意識できると良いです。興味のある分野に進むために、必要なことについて具体的に考えましょう。進路先が求めていることを理解できると良いです。

 

〇基礎力診断テスト(国語・数学・英語)

高校での勉強がどれだけ身についているか確認するためのテストです。2年次では、家庭学習用の教材One-Weekへの取り組み方について考えたり、学習到達ゾーンを意識したりして、勉強に励みましょう。

到達ゾーン 進学の目安 就職の目安
S 難関大学、国公立大学に合格可能 公務員や人気の企業への合格可能
A 難関大学、国公立大学の合格がめざせる 公務員や人気の企業への合格がめざせる
B 中堅大学の合格がめざせる 一般的な企業への合格可能
C 大学受験に向けて実力をつける 一般的な企業への合格がめざせる
D 短大、専門学校の合格がめざせる 就職後に必要な最低限の力がある
D3 進学後についていけない可能性がある 就職後に仕事についていけない可能性がある

〇SPACE 1

進路意識や興味の方向性を正確に測ることができます。「文系・理系度判定」と「進路系特性総合判定」が出ますので、進路選択の参考になります。

 

〇YGPI

自身の性格特徴を捉えて、「自己理解」や「自己成長」につなげることができます。

 

〇パネルディスカッション

各進路先の特徴、相違点を知り、自身の進路について考えていきます。

 

 1年次(進路行事)

〇進路の手引きの読み合わせ

 卒業後の進路先や指定校推薦等の情報を確認できます。進路を決めるときの参考にできます。

 

〇進路希望調査

 1年次では「自分を知ること」を意識できると良いです。自身を理解し、興味のある分野や将来について考えましょう。

 

〇基礎力診断テスト(国語・数学・英語)

高校生に求められる基礎学力の確実な習得を目指しています。また、必要な学習習慣、学習意欲、進路意識なども可視化できるため、学習習慣の定着にも生かすことができます。

 

〇わくわく職業適性検査

自分の将来の生活に関心を持ったり、自分の能力・適性を理解したりして、自己実現に向けて主体的に進路を考える材料になります。どの分野の職業に適性があるのかについて、客観的に知ることができます。

 

〇I-check

 自身の個性や関心に気がつくことができます。これからの学校生活をより良くするために客観的に自分自身を分析できます。

 

 進路実現のために行動していきましょう。

令和3年度進路活動の報告も参考にしてください。令和3年度の進路活動報告 .docx